News

新着情報

新着情報詳細

  • HOME
  • 新着情報
  • 当院で行っている臨床研究についてのお知らせとお願い(2021-1)

その他当院で行っている臨床研究についてのお知らせとお願い(2021-1)

2022.04.22

当院で行っている臨床研究についてのお知らせとお願い

当院では、以下に記載した臨床研究を実施しています。この研究は、患者さんの過去の診療録(カルテ)等からの情報を利用します。

課題名:当院の基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌感染症に対する抗菌薬の使用状況について

【研究の目的と概要】
近年薬剤耐性菌の発現が問題となっており、当院でもESBL産生菌等の検出がある。ESBL産生菌に対してはカルバペネム系薬剤での治療が推奨されるが、カルバペネム系薬剤の使用量増加は、更なる耐性菌増加につながる事も懸念されている。また近年ではESBL産生菌に対してカルバペネム系薬剤以外に、セフメタゾールやタゾバクタム/ピペラシリン等の薬剤に感受性を示す場合が多く、臨床的な有効性が報告されている。当院において、ESBL産生菌感染症の治療にどのような抗菌薬が選択されているのか調査し、今後の当院での抗菌薬適正使用推進の活動に役立てていきたい。

【対象となる患者さん】
2018年4月1日~2021年12月31日までに、当院で細菌培養検査を実施され、ESBL産生菌に対する抗菌薬治療を実施された患者さん。

【研究に使用される患者さんの情報】
年齢・性別・腎機能評価(推定クレアチニンクリアランス値)・検出された菌種類と薬剤感受性・治療に使用した抗菌薬の種類と用量・抗菌薬の使用期間・30日以内の転帰
*患者さん個人が特定されるような情報は、一切公表されません。
*この研究は、「西尾市民病院臨床研究倫理審査委員会」の承認を得て行っています。
*この研究に関するお問い合わせや、自身の情報の利用を希望されない方は、
以下の問い合わせ先までご連絡下さい。

【問い合わせ先】
西尾市民病院 薬剤部
研究責任者: 山本 亮子 
電話:0563-56-3171(代表)