About

当院のご紹介

理念・方針

病院の理念

西尾市民病院理念 温かい心と確かな技術、めざそう人に優しい医療を

西尾市民病院は、昭和23年6月に地域住民の待望のもとに開設しました。

それ以来、多くの患者さんともに歩んできましたが、病院のありかたを再度みつめ、地域住民の医療を守るために当院の理念をここに掲げます。
当院は、『温かい心と確かな技術、めざそう人に優しい医療』を、病院の理念として努力します。『温かい心』は、患者さん中心の医療を提供し、患者さんとの信頼関係に基づく医療の提供を心がけます。

『確かな技術』は、安全な医療をめざすとともに、適切で高度な医療を実現するため、高度医療機器の整備や自己研鑽に力を入れ、日々進歩する最新の医療を提供します。また、病診連携に力を入れ、質の高い医療の提供をします。

『人に優しい医療』は、インフォームド・コンセント(十分な説明による理解と納得した上での同意)を重視し、患者さんの立場に立った安心感と信頼感の持てる医療を提供します。

これらの理念を実現するために、当院で働くすべての職員が、全力で地域医療に貢献します。

基本方針

西尾市民病院は、西三河南部の中核病院として地域住民の健康を保持するため、次のとおり努力します。

  • 患者さんの権利を尊重し、安全で満足度の高い医療の提供に努めます。
  • 優れた医療機器の整備と自己研鑽に励み、 科学的根拠に基づいた医療の提供に努めます。
  • 地域の保健、医療、福祉等の機関と連携し、急性期および回復期機能を担う病院として最善の医療の提供に努めます。
  • 教育研修機能を充実させ、よき医療人の育成に努めます。
  • 災害拠点病院として機能・設備の充実に努めます。
  • 業務の効率化と働きやすく誇りのもてる職場環境を作り、健全な病院経営に努めます。

患者さんの権利と責務

患者さんと私たち医療者とは、病気の治療という一つの目標の達成のために、お互いに平等の立場で人として協力し合うパートナーです。

西尾市民病院では、「患者さんの権利と責務」を掲げ、患者さんの人格を尊重した、温かみある医療を行うことを誓います。

最善の医療を受ける権利

  • 最善の医療を受ける権利を有します。
  • 医師を選択する権利と医療機関を選択する権利を有し、他の医療機関を希望する場合は、治療に必要な情報の提供を受けられます。

知る権利

  • 病名、病状、検査内容、治療計画、代替治療法、予測される危険性などについて、理解できる言葉で、十分な説明を受ける権利を有します。
  • ご自分の診療録の開示を請求する権利を有します。

自己決定の権利

  • 上記の知る権利に基づく説明を十分理解し、納得したのち、治療や検査などの医療行為について、ご自分の意志で選択し、同意あるいは拒否する権利を有します。又、他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利を有します。

プライバシー保護の権利

  • 人格は尊重され、個人の秘密は保護されます。

医療に参加協力する責務

  • 医療関係者と力を合わせて医療に主体的に参加し、協力する責務と、他の患者さんの治療や療養に支障を与えないように配慮する責務を有します。