Department

診療科・部門

医療安全管理室

医療安全管理室のご案内

病院内における患者さんの安全を確保するためには、質の良い医療の提供と医療事故防止対策の充実が重要です。
患者さんが安全な医療を受けることができる環境を整えることを目的に、当院では平成19年4月に医療安全管理室が設置されました。

基本方針

患者さんも職員も満足できる安全で質の高い医療の提供に努める

医療安全管理室の活動

(1)インシデントレポートの収集・分析・対策

医療事故を防止するため、インシデントレポート(実際に被害を及ぼすことはなかったが、「ヒヤリ」「ハッ」とした事例報告)やアクシデント報告(医療事故報告)を収集しています。
事故につながる可能性のある事例に関しては、報告内を検討・分析を行ない、医療安全対策などに反映させています。
「医療安全推進委員会」「セーフティマネージャー会議」を開催し院内の医療安全対策を総合的に検討していきます。

(2)医療安全のための教育・研修会の開催

職員の医療安全意識の向上、医療事故防止に関する教育、研修会の企画・運営を行っています。

(3)病院内の巡視(安全確認ラウンド)

医療安全推進委員、医療安全管理者が安全確認のための院内巡視を随時実施しています。

(4)医療事故防止マニュアルの見直しと安全情報の周知

平成16年に医療事故を防止するため、医療事故防止マニュアルを作成しました。その後も定期的に改訂を行い、院内全体に周知を行っています。
医療安全に関する情報を、院外(日本医療機能評価機構その他)・院内で収集し、注意喚起が必要な事例を情報提供しています。

西尾市民病院医療安全管理指針