Department

診療科・部門

地域医療連携室

地域医療連携室ご紹介

地域医療構想の背景 Circumstances

団塊の世代が75歳を迎える令和7年(2025年)は、医療・介護需要が最大になることが予想されています。既に地域によっては、高齢化の進展に大きな地域差が生じています。
こうした状況下、各医療機関においては、医療の機能に見合った医療資源の効果的かつ効率的な配置と、急性期から回復期、慢性期まで、患者が状態に見合った病床で、より良質な医療サービスを受けられる体制の構築が求められています。

地域連携システムについて

西尾市民病院は地域の医療機関との連携を進めています。急速に進む高齢化社会を迎え、医療・介護・福祉との地域連携を進めていくことが求められています。
地域連携システムとは、地域の医療機関が相互に連携することによって患者さんが住み慣れた地域で生活できるよう地域全体で継続的に関わり治療をしていくことです。
西尾市民病院は他の医療機関と共に、地域の皆さんの命と生活を守るための医療を提供していきます。

かかりつけ医を持ちましょう

かかりつけ医を持ちましょう

西尾市地域医療連携ネットワークシステム(くすの木ネット)について

平成26年度に地元医師会と共同で地域連携ネットワークシステムを構築しました。
現在、このシステムを活用し、情報共有ならびに検査予約などの充実を図り、地域包括ケアシステムの構築にも努めております。

医療関係者の方へ

地域医療連携(医療関係者)